« 宛名編 | トップページ | カレンダー当選 »

2007年3月28日 (水)

裏面の書き方。

こちらもまず重要なことは
『丁寧に書く』『必要事項をすべて書く』です。

それから『住所・氏名』に『ふりがな』を書きます。
住所は県名も忘れずに。誰もがわかる市であっても、記入するのが礼儀です。

ただこのふりがなについては賛否用論です。

ふりがなを振るならすべてにということで県名からすべて記入してたのですが、何かの雑誌で懸賞を担当する方たちの対談?みたいなのがあってその中で県名にまで振り仮名があると丁寧とは思うけどなんか的外れ?みたいな意見がありました。
これも人によっての捉え方なんですね。
なので最近、私は県には振っていません。町名にのみ記載しています。

それから市町村のあとの住所は区切れるところでスペースを空けておくと親切かも。
オークションで落札された品物を送るときに住所を書きますが、行を分けるときにどこで区切ればいいのかわからない住所もたまにありました。
結構住所が手書きで送られてくる事が多いのでちょっとした心遣いになると思います。

あとは懸賞によって必要な年齢・職業・電話番号などを記載します。

今回は私がいつも出すはがきをUPしてみました。
まだ装飾する前ですが。皆様の参考になるとうれしいです。

ほかにこんな書き方してる。ちょっと変じゃないなどの意見もお待ちします!

Uramen

参考になったら ココ をクリック♪

|

« 宛名編 | トップページ | カレンダー当選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宛名編 | トップページ | カレンダー当選 »